ISAGERのALPACA1でNuvem

[`evernote` not found]
LINEで送る

Nuvem(完成)

ISAGERのアルパカ毛糸、
ALPACA1で、
Martina Behmさんデザインの
Nuvemを編みました。

sp


Nuvem


Martina BehmさんのNuvem





Martinaさんのデザインは、
以前にHitchhikerを
編んだことがあります。

シンプルな編み方の
繰り返しから生み出される
ステキなデザインで、
Hitchhikerを編んで
Martinaさんのファンに
なっていました。


今回選んだのは
MartinaさんのNuvem、
大判のショールです。

Projectsページを見ると、
様々なカラーで編まれていて、
どれも魅力的で、
何色で編もうか悩ましいです。

が、Nuvemとはポルトガル語で
「雲」の意味だそうで、
ならば白か生成りで
編んでみようかと思いました。

ISAGERのALPACA1


ISAGERのALPACA1の
生成り色を選んでみました。

IsagerのALPACA1(E0)

ペルー産のアルパカ100%、
50gで400mの2PLYの糸です。

気にならない程度にですが、
太さにムラが感じられました。


sp




Nuvemは1600m弱のLace weightを
1本取りでひたすら表編みで編む
デザインです。

途中で飽きてしまうかと
思っていたのですが、
ALPACA1はアルパカならではの
ぬめり感と弾力がある糸で、
まるで猫を撫でているよう。

編み始めは手の中にすっぽり納まる
小さな子猫だったのが、
だんだんと成長して
膝の上で丸まっているかのようで、
癒し感のある編み心地に、
飽きることなく編めました。

少し繊維が落ちる糸で、
黒っぽい服の上に使うと
繊維がついてしまったり、
水通ししている時に
かすかな獣臭があったりして、
(乾くとほとんど気になりません)
そんな辺まで猫的な。

途中経過


Detailsページにも
記載されているのですが、
Judy’s magic cast-onという
作り目で中央から編み始めます。

作った目がメリヤス編みと
一体化してしまう、
まさにMagicな不思議な作り目です。



60cmのコードを使って
輪針で編みました。

1玉目、
まだまだ小さな「うろこ雲」です。

Nuvem(1玉目)




2玉目、「ひつじ雲」に成長し、
シャワーキャップのような形に
なってきました。

Nuvem(2玉目)





3玉ちょっと編んだ「わた雲」、
これでベースのメリヤス編みは
終了で、ここから増し目をして
周囲のラッフルを編みます。

Nuvem(3玉目)



4玉全部編み終えた「積乱雲」、
60cmのコードにいっぱいになり、
1周が長くて編みでがありました。

Nuvem(4玉目)

完成


周囲を綴じて輪針からはずすと、
ようやく六角形の形が現れました。

Nuvem(完成)


180cm×75cmと、
寝転がれるくらいのサイズで、
この大きさだと、
手持ちのスマホカメラで
撮影するとパースに歪みが。


それにしてもこの色と形。。

Nuvemを編んでいたはずでしたが、
ムートンになっていました、
猫ではなく羊だったのか。




Nuvem


薄手の編み地と
ラッフルの組み合わせで、
くしゃっと潰すと
ガーゼのように薄くもなるし、
ふわっと使うとボリュームもでます。

大判サイズで、
上半身全体をぐるっと覆って
カーディガンのようにしたり、
2つ折りにしてたっぷりとした
膝かけにしたり、
首から下をすっぽり覆える
ブランケットにもなり、
200gと軽量で、
使い勝手がいいです。

雲のように東へ西へ、
旅行やお出かけのいいお供に
なってくれそうです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へランキングに参加しています。応援ありがとうございます^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする