NEW FRESCO LINO FINEでEdie

[`evernote` not found]
LINEで送る

NEW FRESCO LINO FINEでEdie

リネン糸NEW FRESCO LINO FINE
(ニューフレスコリーノフィーネ)で
VネックのTシャツ型の
Edieを編みました。

sp


NEW FRESCO LINO FINE


毛糸ピエロさんの
NEW FRESCO LINO FINE。


NEW FRESCO LINO FINE(ニューフレスコリーノフィーネ)[細][麻(リネン)100% 中細 50g玉巻(約150m) 全12色

イタリア製の麻糸で、
ちくちく感は感じません。

私が選んだ色は
109 サンドベージュ、
ほぼ5玉使いました。

糸割れせず、斜行もなく、
編みやすい糸でした。

洗剤で洗ったら、
少しだけ色落ちしました。

sp


縦の段問題


Edieは推奨の針のサイズで
ゲージが22目×32段となっています。

スワッチを編んでみたのですが、
私のゲージは23目×38段。。

NEW FRESCO LINO FINEのスワッチ



私の編み方はかなり問題があり、
いつも縦にだけ15%~20%ほど
パターンよりも余分に編まないと
サイズが合いません(^^;

いつかこの問題に
向き合わねばと思いつつ、
ようやく機会が巡ってきました。

Youtubeで編み物をしている動画を
いくつか見てみたところ、
私は針先の細い部分で
ちょこちょこと編んでいることがわかり、
気をつけながら編んでみると(左側)、

NEW FRESCO LINO FINEのスワッチ改訂版


22目×32段、ゲージぴったり(驚)

慣れない編み方で手が安定せず、
これまで以上に目が不揃いですが、
この調子で編めば、
ようやくパターンのままで
よくなりそうです。

Edie


ということで、
EdieをM1サイズで編んでみました。


NEW FRESCO LINO FINEでEdie


光の加減で、色むらがあるような
画像になってしまいました(^^;


Vネックの部分までは
往復編みし、
合体させて輪編みします。

肩の部分の
ラグラン編みの増し目が
すっきり収まり、
きれいな編み上がりになります。

メリヤス編みのベースに
簡単な編み方で作れるラインが
アクセントで入っています。

裾はGerman short-rowという
編み方で減目し、
丸くシェイプされています。



元のデザインでは
袖がかなり短いデザインなのを、
太ましい二の腕をカバーするのに
Tシャツ程度の長さに伸ばし、
あとはパターン通りです。

トップダウンのものは、
いつも袖下に穴が開いてしまい
繕いの修正が大変なのですが(^^;
今回、あちこちで二目一度して
穴が開かずに編み上げられました。

Vネックは編みっぱなしで、
それがかわいいのですが、
かばんを肩に下げると
ひっぱられてオフショルダーに
なってしまいそうな気も。

襟周りを編むオプションもあり、
ひょっとしたら
後で追加して編むかもしれません。


着やすいサマープルで、
麻糸で洗ってもすぐに乾き、
この夏、大活躍間違いなしです^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする